プロフィール

 関西学院大学には1964(昭和39)年に設立された鉄道研究会がありましたが、惜しくも部員減少により一時は休会となってしまっていました。しかし、約20年ぶりに関学に鉄道研究会が復活しました。
 活動目的は「多くの方に鉄道の楽しさを知ってもらう」こと、そして何より皆で楽しく活動することで、日頃は写真撮影・小旅行・雑談などを行い、長期休暇には合宿などをしています。また、OBの方とも交流があり、合同写真展などのイベントもあります。
 現在、西宮上ヶ原・神戸三田両キャンパスそれぞれに支部を設置して活動しており、上ヶ原は8名、三田は9名、他大学は2名で活動しています。また、男性は17名、女性2名です。
 興味のある方は、お問い合わせより是非ご連絡ください!

加悦夏合宿!

毎年当会では丹後の方にある加悦鉄道が走っていた地域に合宿行っております。この合宿は当会の目玉でもあり、他の会では決してできない大変貴重な体験がすることができます。毎年機関車などの塗装を実際に行ったりしています。また、加悦SL広場にあるとても珍しい車両も見れますし乗れますし触れます!車掌車のヨ2000があったり重要文化財に指定された2号機関車などもあります。

写真のように転轍機を動かしたり実際のタブレット閉塞をゴンゴンとならしながら体験してみたりまた普通に観光もします。それだけではなく加悦鉄道保存会の方のなかには元国鉄職員だったり、現JR職員の方もおられかなり面白い話を聞くこともできます。

 

このような体験ができる鉄道研究会はないと思います!ぜひ興味をお持ちになったら見学しに来てください!

 

 

復活は新聞でも取り上げられました!

2013年4月11日付け朝日新聞朝刊の地域面(阪神・神戸地区)、及び朝日新聞デジタルに関西学院大学鉄道研究会復活が取り上げられました。

鉄道研究会、関西学院大に復活 OBが結成に汗 兵庫 [朝日新聞デジタル] 

こちらが神戸版に掲載された紙面です。大きい記事として掲載いただけました。少し古いですが笑

なお、この紙面は朝日新聞さんよりいただきました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        (2018.9.7)

業務連絡